HOME > すべての記事 > 便秘に関する豆知識 >

産後の便秘でお腹が苦しい!つらい症状を早めに解消する秘策とは

産後の便秘でお腹が苦しい!つらい症状を早めに解消する秘策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中には今まで便秘になったことがなかった人でも便秘になりやすいですが、出産をすれば自然と改善されていくものでしょうか。

産後も自然に改善されるものではなく、さらに症状が悪化してしまう人もいますので、お腹がはって痛いなどのつらい症状に苦しんでしまうことでしょう。

産後の便秘の原因とは

なぜ産後も継続して便秘が続いていくようになるのでしょうか。

産後の原因としては、水分不足が考えられます。しっかりと水分をとっているつもりだったとしても、母乳を出すことによって、どんどん水分が奪われていくようになりますので、体の中では水分不足の状態が続いているのです。

そのため便がどんどん硬くなってしまい、排便をしづらい状態が作られていくことになります。

それだけではなく、せっかく便が出そうになったというのに、赤ちゃんのお世話に追われてしまっているときには、トイレに行く暇もなく我慢をすることになるので、せっかくの便意が収まってしまうことになるのです。

我慢をすることによって、排便のチャンスを逃すことになり、どんどん出にくい状態を作ることになります。

水分不足に注意!多めに摂取することが重要

数日間も排便がない状態が続けば、お腹がはることになり、つらい症状が起きてしますので、何とか解消できるように対策をしていかなくてはなりません。

スムーズに排便が出来るようにするためにも、出来るだけ水分を多めにとるようにしましょう。自分ではたくさん飲んでいるつもりだったとしても、尿量が少ないなどの症状が現れていれば、水分不足と考えられます。

必要な水分量としては、2リットルにプラスして授乳量を足すくらいは最低でも必要と考えて水分をとっていくようにしなくてはなりません。

便秘を解消するための生活習慣

便秘を解消するためには、運動も取り入れていくようにしましょう。

赤ちゃんをあやしながら歩くようにしてみたり、屈伸運動や柔軟体操など、家の中でもできる運動はたくさんありますので、少しでもからっだを動かすようにすることです。

体を動かすことによって、腸も刺激されるようになりますので便意をもよおしやすくなってきます。

便意を感じたときには、家族に協力をしてもらって、トイレに行ける状態を作ってもらうようにしなくてはなりません。一度我慢をすることによって、次はさらに出にくい状態を作ることになりますので、出そうと思ったときには必ずトイレに行くことです。

つらい症状がひどくあれば腹痛以外の症状も現れてきますので、早めに解消させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に関する豆知識」カテゴリの関連記事