HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

便秘にならない食事のポイントってなに?

便秘にならない食事のポイントってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹の中の環境は食べたものによって大きく影響されています。

普段の食事に気をつけることによって便秘にならない体質を作り上げていくことが大切です。

便の排出を促す食物繊維をたくさんとって便秘を改善

お腹の中から積極的に便を押し出してしまうためには食物繊維をたくさんとることが大切です。

食物繊維は食べても消化をされずにそのまま胃から小腸を経て大腸へ運ばれていきます。

これが便の流動性を上げたり、かさ増しをしたりして便の押し出してくれるため、便秘になるのを防いでくれるでしょう。

食事にどれだけの食物繊維が含まれているのかということを意識していくと、自分の便秘の原因がそこにあったのかと気づくかもしれません。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いとバランス

benpinaranai03
食事から摂取できる食物繊維には二種類あります。

一つが水溶性食物繊維であり、こんにゃくやひじき、わかめ、寒天、もずくなどの海藻や果物に多く含まれています。

水溶性食物繊維は水に溶けやすく、水分を保持することによってゲル状になって便の流動性を高めてくれます。

便が柔らかくなるので押し出しやすくなるのです。

もう一つが不溶性食物繊維であり、麦などの穀物やごぼうやたけのこなどの野菜類、いもや豆などに多く含まれています。

不溶性食物繊維は水分によって膨らむことで便のかさを大きくしてくれます。

しかし、不溶性食物繊維ばかりをとっていると便が固くなってしまうため、それが原因で便秘になってしまうこともあります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく食事からとっていくということが便秘を防ぐためのポイントです。

腸内フローラの改善で便秘知らず

食物繊維をとることによって便を排出しやすくすることも大切ですが、腸内環境を整えることによって便が出やすい体質になるということもまた重要なことです。

腸内フローラと呼ばれる大腸の中に住んでいる細菌の集まりが腸内環境に大きく影響しており、それを食事によってコントロールすると良いでしょう。

そのために大切になるのが善玉菌と呼ばれる腸内環境を整えてくれる菌を積極的に摂取することです。

代表的なのはヨーグルトであり、発酵食品には多くの善玉菌が含まれているとされています。

毎日の食事の中に発酵食品を取り入れていくことによって腸内フローラをよりよいものにしていくと便秘知らずの体質になることができるでしょう。

腸内フローラの改善は美容にも良いことからさらにプラス効果も得られるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事