HOME > すべての記事 > 病院・検査にまつわるコラム >

重度の便秘は検査が必要?【1ヶ月以上続く場合は受診をおすすめします!】

重度の便秘は検査が必要?【1ヶ月以上続く場合は受診をおすすめします!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘は特に女性が悩まされるものですが、どのような状態になったら便秘というべきなのかは、少し悩むところです。
大丈夫だと甘く考えていると、病気を誘発してしまうこともあるため、自分の状態を把握して早めの対策をしまよう。

便秘とは

一応日本の学会では、3日以上排便がない状態、あってもまだ便が残っている感覚がある状態であれば便秘という定義をしています。

ただ、人の体は機械ではありませんから、決まった日に排便をするということを、予定通り行えるわけではありません
時には、便が出ないという時が続くことがあります。
そう考えると、便が出ないことが一時的ではなく、日常的になっていれば、便秘と考えるほうが自然です。

便秘が続いてしまうと、どのようなことが起こるのかというと、排便で一緒に老廃物を出すことが出来ずに、身体の中に溜まってしまいます。
そうなれば、腸内環境が悪化して、悪玉菌が増えるし、お腹が張って痛い、血行の悪化、自律神経が乱れるといった悪影響が出てくるのです。

女性の場合には、肌の荒れが目立つようになり、お化粧をするときに気になってきます。
それに、長く続く便秘は、神経も苛立ちがちになります。
そのままの状態が続けば、大腸がんのリスクが高まることも見過ごす事ができない問題です。

便秘で腸の検査は必要なのか

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

便秘は食物繊維の摂取や運動、睡眠などで改善する事が可能な場合があります。
とりあえず、出来ることをやってみることです。
それでも効果がなく、便秘が続きお腹の張りが苦しくて日常生活が送れないという場合には、腸の検査をしてみることです。

少なくとも1月以上便秘が続いているというのであれば、治療が必要となる可能性が高いので、病院に行くことです。
病院で行うでは、問診と直腸検診、レントゲン、血液検査の他に、大腸カメラ、直腸レントゲン検査などを行います。

検査を行うにあたっては、便をすべて空にしておかなければいけません。
下剤と腸管洗浄剤を飲んで、下痢を起こし全て排出させます。
これは病院の規模によっては、前日から処置しなければいけないこともありますから、いきなり病院には足を運んで検査ということは出来ないかもしれません。

便秘の治療法

便秘を解消するためには、手っ取り早い方法では下剤を使用します。
しかし、便秘のたびに下剤を使っていれば、自力で排便をする力が衰えて、下剤なしでは生活できないようになってしまうのです。

重度の便秘の場合には、精神的な障害を取り除くために心理療法を、そして入院をしながら食事や下剤についての指導を行っていきます。
ただし、何らかの病気が便秘を引き起こしている場合には、その病気の治療が最優先です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「病院・検査にまつわるコラム」カテゴリの関連記事