HOME > すべての記事 > おすすめ便秘解消法 >

ひどい便秘に「浣腸」を!【効果や使用する目安とは?】

ひどい便秘に「浣腸」を!【効果や使用する目安とは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘もひどくなり何日もお通じがないと全身状態まで悪化して来てしまいます。
すっきりとその悩みを改善したい時には、浣腸がお勧めですが、何日目に踏み切ったらいいのか悩んでしまうでしょう。

何日経過したら、使えば良いのかや使い方などをよく把握した上で適切に用いるようにすれば、改善を目指せます。

今すぐ出したい時に

浣腸は、おしりの肛門部から薬液を入れて、腸の壁の面をすべりやすくて、腸を刺激して動きを活発にして便を出す薬です。
直腸に直接、物理的な刺激を与えることで腸を積極的に動かして、排便を促します。

特徴として、即効性があるので頑固な便秘にもとても有効です。
即効性があることが特徴なので、慢性の便秘で悩んでいる場合だけではなく、旅行先や環境の変化でスムーズなお通じがなくて体の不調まで感じる時に有効です。

浣腸は、即効性があるので今すぐ出したい時に、時間や場所を選ばずに使うことが出来るのがメリットです。

具体的に何日目に用いるか

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s
具体的に何日お通じがないから、浣腸を使うと思うのかは、個人差によるものが大きいです。
3~4日間に一度の排便でも、快便と感じる方もいれば、毎日のお通じがある場合に何らかの理由で3日経っても出ない場合には、便秘だと感じるからです。
そのため、個人差があるので何日目というよりは、今すぐに排便をしたい時だと考えておきましょう。

直腸付近に便が来ている感じがあるので、どんな風にしても出せない時に効果的です。
早く、便秘の苦しさやつらさを何とかしたい状況になった時には、ためらわずに使うとすっきり出すことが出来るので、有効な医薬品です。

赤ちゃんからお年寄りまで可能

この薬を挿入するメリットは、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢を問わずに使用が出来ることです。飲む便秘薬では、赤ちゃんや幼児は使用できないものがあります。

また、高齢者で介護が必要な状態の方などでは、力むことが出来づらかったり腸の動きも衰えてしまっていたりするので、幅広く使えます。
浣腸には、全ての年齢層に適した商品があるので、その中から適切なものを使うように注意をしましょう。

苦しい状態を我慢して自力での排便を待つよりも、こうした浣腸の働きを用いることによって、悩みから解放されます。
便秘といっても全身状態まで影響を及ぼすものですので、状態に合わせて適切に使うことで、排便をコントロールできるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「おすすめ便秘解消法」カテゴリの関連記事