HOME > すべての記事 > 便秘薬の選び方や使い方 >

便秘を解消するセンナは副作用が?使用する場合に注意すること

便秘を解消するセンナは副作用が?使用する場合に注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/センナ
便秘に効果があると言われているセンナは、副作用が起こることがあると言われています。
使用時にはどんな注意をすればいいのでしょうか。

センナってどんなもの?

センナアフリカ原産のハーブで古くから下剤として使われていたと言われており、現在でも世界各地で利用されています。
便秘解消の効果が高いため、日本では葉と実は医薬品の扱いになっています。

ドラッグストアなどで購入できるお茶は、茎の部分が使用されているため食品扱いとして販売することができるのです。

何が便秘解消に効果的なの?

お茶

センナに含まれているセンノシドという成分が便秘解消に大きな役割を果たしてくれます。
それは腸の蠕動運動を活発にする効果です。

センノシドは腸内でレインアスロンに変化し、大腸の粘膜の分泌作用を促すことで腸の蠕動運動を活発にし、便をスムーズに排泄する働きがあります。
特に女性に多いと言われている、腸の動きが弱くなってしまっている弛緩便秘の人に効果が期待できます。

また、水分の吸収を高める働きがあるため便を柔らかくして排便しやすい状態にします。
8~10時間ほどで腸が動き出すと言われているため、就寝前に飲むと朝の起床時に自然な便通が起こりやすくなります。

使用する場合の注意点

副作用として下痢や腹痛、吐き気や嘔吐が起こることがあります。

また、もともと胃腸が弱い人がセンナを飲むと、下痢を引き起こしてしまう可能性があり、さらに下痢が数日間止まらないという状況になってしまうこともあるため、特に胃腸が弱い人は飲む時の注意が必要となります。
また、これらの症状よりも重大な副作用を引き起こす可能性もあります。

センナにはアントラキノンという成分が含まれており便通を促す効果がありますが、長期間にわたって使用していると腸が自然な蠕動運動を行うことができなくなってしまいます。

大腸メラノーシスという、腸の粘膜に色素沈着が起こる副作用が出る可能性があります。
大腸メラノーシスは大腸の機能全体を低下させてしまい粘膜だけではなく腸管内の神経にも影響が及んでしまうので便秘が悪化してしまう原因にもなります。

下剤がなければ自分で排便できないという下剤依存症になってしまうこともあり、その場合には数年をかけて治療を行って行かなければならなくなります。
そのため、一時的な便秘の時などに使用することですっきりすることは出来るので使用に問題はありませんが、毎日飲み続けることはやめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘薬の選び方や使い方」カテゴリの関連記事