HOME > すべての記事 > おすすめ便秘解消法 >

苦しい慢性便秘を何とかしたい!食事や運動で理想的に改善するには

苦しい慢性便秘を何とかしたい!食事や運動で理想的に改善するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘がひどくなりすぎると、常にお腹がはったような状態になり、下腹が出てきてしまいます。慢性便秘によってスタイルまで悪くなってしまうと、パンツなどもお腹部分が邪魔をしてサイズが合わなくなってきます。

お腹が苦しいだけではなく、スタイルも悪くなるのは嫌ですので、慢性便秘を解消させてお腹もすっきりさせるようにしていきましょう。

薬に頼らないことが大切

慢性便秘を解消させるためには、医師の診察を受けて薬を処方してもらうこともできます。

しかしできるだけ病院を訪れるのではなく自力で治していきたいと思うのであれば、毎日の生活を変えていくようにしましょう

一度薬に頼り過ぎてしまえば、便秘薬がなければ便意をもよおさないといったことになってもいけません。

排便をするときには、出来るだけ自然に任せて出せるようにしたいですので、病院や薬に頼る前に、自分の努力で何とかできるか試してみることです。

食物繊維と水分の多い食事

薬に頼るとなく便秘を解消させるためには、食事は見逃せないポイントになってきます。

食事をするときには、出来るだけ水分量の多い食事をとるようにしてみることによって、水分不足になりにくいはずです。

そして食事の中に取り入れたいのは、野菜を多めにとるようにして、その中でも繊維の多いものを取り入れていくようにしましょう。繊維が多い食品は慢性便秘にも最適なものですので、常に食卓の上に並べるようにしたいものです。

慢性便秘を解消させるためには、食事も気を配るようにしましょう。

赤ちゃんにはマッサージがおすすめ

もちろんそれだけで解消が出来るとは限りません。運動も合わせて行っていくことで、苦しい便秘を解消しやすくなります。

運動の方法としては、出来るだけお腹に力が入るようなものを選んでいくようにして、お腹に力が入ればいい刺激になりますので、排便がしやすくなるのです。

しかし赤ちゃんの場合は、自分で運動をすることが出来ませんので、どうすればいいでしょうか。赤ちゃんが慢性便秘の場合は、親がお腹のマッサージをしてあげることです。

マッサージとしては、お腹の上でのの字をかくようにし、のの字をかくときにはどのような力加減で行うようになるのでしょう。力加減としては、赤ちゃんのお腹が少しへこむくらいの強さで押すといいでしょう。

あまりにも強く押し過ぎれば赤ちゃんを苦しめることになりますし、弱すぎればマッサージの意味がありません。程よい力加減によって慢性便秘を解消させるようにして、毎日快適な一日を過ごせるようにしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「おすすめ便秘解消法」カテゴリの関連記事