HOME > すべての記事 > 便秘に関する豆知識 >

宿便は薬で解消できる?ダイエット効果は?宿便に関する本当のこと

宿便は薬で解消できる?ダイエット効果は?宿便に関する本当のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宿便・便秘がひどい場合、不快感だけではなく腹痛でつらい思いをすることがあります。便秘を解消し、宿便をすっきりさせるためにはどうすればよいのかご紹介します。

宿便とは何でしょうか

国語辞典的な定義では、排泄されないで長い間、腸にたまっていた便ということになるでしょう。しかしこれだと便秘体質の中で数日ぶりに排泄された便との違いが分かりません。

そこでもう少し積極的に定義づけすると、胃腸の処理能力を超えて負担をかけ続けた時に超管内に渋滞する排泄物を総称したもの、ということができそうです。

そして胃腸の処理能力を超えるとは単に食べ過ぎをさすのではなくて、不安・睡眠不足・運動不足・水分の摂取量不足・食物繊維の不足・糞食の摂り過ぎなども、胃腸に負担をかけてしまいます。

また普通に毎日排便があったとしても、体内に残留してしまう可能性があり、単なる便秘とは異なるものと解釈できそうです。

宿便が起こる要因とはなんでしょうか

それを考えるためには、宿便がどうして出来てしまうかを考えるのが先だと思われます。

まず体質的に便秘傾向にある場合、無理なダイエットを続けて身体に負担をかけてしまった場合、下剤を常用して薬に耐性が出来てしまった場合、加齢によって排便のための反射機能が低下した場合、ストレスによるもの、血流の低下、別の病気のための薬の副作用などがあります。

宿便を取り除くにはどうすればよいのでしょうか

まず生活習慣を改善していくのが良いと考えられます。まず身体を動かす習慣をつけます。これは本格的な運動が必ずしも必要という訳ではなく、散歩やラジオ体操程度でも効果があります。

つづいて水分を意識的に多く摂取します。大腸の中で停滞する便は水分が腸から吸い取れていて硬くなっているので、排泄しにくいからです。

そして食物繊維を摂取しましょう。
食物繊維は野菜・海藻・きのこに含まれています。日本は四季に応じて様々な食材がありますので、意識しさえすれば十分な摂取が可能です。食事の前に野菜サラダを食べるのも良いですし、副食用に加熱すればさらに多くの量が食べられるはずです。

食物繊維は胃腸の内壁に沿ってゆっくりと進むため、便を後方に押し出す力になります。野菜・海藻・きのこは水溶性食物繊維と呼ばれ、腸内でゲル状になって不要物を包んで後方に送り出します。また穀物や豆類は不溶性食物繊維と呼ばれ、便のかさを増して腸に刺激を与え、蠕動運動を誘発させます。

こうした生活習慣をつけたら、朝と夜にトイレに行く習慣をつけましょう。
できれば一日のうちで決まった時間に排泄できるようにすると好都合だからです。

また便意があった時にそれを我慢するのはいちばん良くありません。
便意を感じたら他のことを放っておいてもトイレに行くようにします。

いよいよ宿便・便秘が酷くなり、不快感や腹痛まで感じるようであれば、病院で薬を処方してもらいます。しかし薬は数回の服用に留め、できれば生活習慣の改善で解決したいものです。薬に耐性が出来てしまうと、服用しても聞かないからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に関する豆知識」カテゴリの関連記事