HOME > すべての記事 > おすすめ便秘解消法 >

便秘を速攻に解消する方法は?下剤や便秘薬に頼らない方法を紹介

便秘を速攻に解消する方法は?下剤や便秘薬に頼らない方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘体質になってしまっている人には、すぐに効果が上がる方法というのはなかなかないものです。
速攻性がある対策はやはり便秘薬を服用することになるのですが、飲み続けていくと身体が薬に慣れてしまって、なかなか効きにくくなるものです。

やはり薬に依存することは最小限に留めて、体質を改めるために生活習慣を改善していくのが良いと考えられます。
それには食事や運動を日課にする必要があります。

便秘体質になってしまった原因とは。

大きく三つの要因があります。
一つは食物繊維の不足、ふたつ目は内臓脂肪の付着、三つ目は運動不足です。

食物繊維は、腸を掃除してくれる役割があります。
腸内では内壁に密着しながらゆっくり進むため、頑固な宿便も後方に押しやる働きをしてくれます。
そして食物繊維自体は便となって余分な脂肪と一緒に排泄されて体内に残りません。

また食物繊維は腸内で善玉菌の餌になりますので、その増殖を促進します。
併せてヨーグルトなどで乳酸菌を摂取しておけばさらに良好でしょう。

内臓脂肪の問題は、内臓の外側から脂肪がまとわりつくことでその運動を抑えてしまうという迷惑な働きをします。
こうなると腸の運動、すなわち蠕動運動が抑制され、便を後方に押しやる動きが停止してしまうのです。

内臓脂肪が腸の運動を阻害するのも困りますが、運動不足に陥っていると、ただでさえ腸が動きにくくなっているのに、それを固定化させてしまいます。
ラジオ体操程度でも十分に効果がありますので、是非取り入れて悩みを解消したいものです。

速攻性のある対策は本当にないのか。

キャベツ

この問題を解決するには、上記の問題点をひとつひとつ解決していく他ありません。
改善活動を習慣化することではじめて効果が現れてくるからです。
ただしその中でも、食事の改善はかなりの程度即効性が見られるはずです。

かつて流行ったキャベツダイエットは有効です。

食事の時に、いちばん最初にキャベツの千切りを山盛りで食べるというものです。
こうすることで必要な食物繊維が十分にとれるばかりか、満腹感が長時間にわたり持続しますので、過食を防ぐことにもなります。

また食物繊維が体内に入ると、食事が引き金となって跳ね上がる血糖値を押さえ込んでくれます。
すると糖が脂肪に変わるのも抑制されますので、新たな脂肪はつきにくくなるのです。
野菜不足の人ほど翌日翌々日には便通が見られるはずですので、速攻性があると見て良いでしょう。

そして側面から効果を支えるのが、有酸素運動です。
有酸素運動は内臓に付着した脂肪も運動エネルギーに変えて燃焼させてくれますので、習慣化すれば減量が可能になるばかりか、腸の運動を阻害していた要因が取り除かれます。

その上でラジオ体操のように全身を動かす運動をすれば、腸にとっては更なる効果となり、便秘体質は確実に改善されて郁子になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「おすすめ便秘解消法」カテゴリの関連記事