HOME > すべての記事 > おすすめ便秘解消法 >

断食は本当に効果があるのか?便秘解消のための断食方法とは

断食は本当に効果があるのか?便秘解消のための断食方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

断食は、その名の通り食べ物を何も食べない、飲み物だけを摂り、胃腸を休ませるというダイエット方法です。

食べない期間は様々ですが、最近は18時間以上何も食べないという半日のみのものや、週末の1日だけ食べないというプチ断食が手軽で人気です。

断食が効果的な理由

では、断食は便秘解消に効果的なのでしょうか。
人間の身体は、体内に食べ物が入ってくると、真っ先に消化と吸収を行います。
それは飢えに対する人間の防御反応でもあり、胃腸だけでなく肝臓や腎臓など、全ての器官が消化を助ける物質を出して消化吸収を助けています。

それが終わると、残りかすとなった食べ物は体外へ排出されるのですが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていつも食べ物が入ってくると内臓は疲れてしまい、排泄の方がおろそかになってしまって、結果便秘へと繋がってしまいます。

しかし、断食をすれば、食べ物が入ってこないため、胃腸が空腹を訴え、盛んに運動を始めます。消化に力を使わなくてよくなるため、疲れた胃腸も休息することができ、その分排出に力が使われるようになるため、便秘が解消するというわけです。

ですから、飽食気味の現代人にとって、断食はとても効果的な便秘解消の一つの方法となります。

断食の方法

ジュース

では、簡単に始められる1日断食の方法をご紹介します。

前日は、次の日に備えて、食事をいつもより軽めに済ませるようにします。
特に夕飯は、できればスープのような消化に良いものを摂るように心がけて下さい。
そしていざ当日は、固形物を一切食べずに、飲み物だけで過ごします。

水だけで実践する方もいますが、急にやってしまうと頭がくらくらしたり、逆にストレスがかかったりする場合が多いので、フレッシュなフルーツジュース豆乳などを摂りいれるようにするとあまり大きな精神的負担がかからずに済み、続けやすいです。

断食のポイント

ポイントは、固形物を1日間一切摂らずに過ごす。そうすることで胃腸の動きが活発になります。
しかし、食べ物を食べないのでストレスに弱くなったり、イライラしやすくなりますから、お仕事がなく、自宅でゆっくりとできるお休みの日を選んで行うようにして下さい。

そして1日経ったら、次の日は調整期間です。
ここが一番大切で、急にどかっと食べてしまうと、折角休んでいた胃腸に余計な負担がかかってしまいます。脂っこいものを避けて、お粥などから、段階的に食べ物を増やして行くようにして下さい。

1日だけの手軽なものから、無理のかからない範囲で、ぜひ一度トライしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「おすすめ便秘解消法」カテゴリの関連記事