HOME > すべての記事 > 便秘「基本のき」 >

腸内環境を改善するには?腸の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす方法

腸内環境を改善するには?腸の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康や美容のために腸内環境を整えると言われています。
両者にはどのような関係があるのでしょうか。

腸内環境って?

人間の腸は長く、7~9mほどもあると言われています。
そこに500~100種類ほどの腸内細菌が100兆個も住み着いています。

腸内細菌には大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、日々勢力争いを繰り広げています。この割合は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%ほどの割合になっています。

日和見菌は「良くもなく悪くもない菌」なのですが、善玉菌と悪玉菌の勢力の強い方に味方することから日和見菌の役割が大きいことがわかります。

腸内環境を改善するということは、善玉菌が優勢になる環境を作って日和見菌を善玉菌の味方にするということになります。

善玉菌を増やす方法とは

善玉菌を増やす方法は、腸内環境を整える事と同じ意味です。
一番わかりやすいのが便秘の解消です。

善玉菌が増えると腸の蠕動運動が活発になるのでスムーズに便が排出されるようになります。そのために効果的だと言われているのが乳酸菌を摂取する方法です。

乳酸菌は消化の段階でほとんどが死んでしまいますが、死骸が善玉菌のエサになって数を増やす働きをします。善玉菌は腸の中で乳酸を生成して腸内を酸性に保ちます。アルカリ性が好きな悪玉菌が増えない環境を作り出します。

また、善玉菌のエサとなってその数を増やすオリゴ糖を一緒に摂取するのも腸内環境を改善する方法として効果的だと言われています。

悪玉菌を減らすために

悪玉菌を減らして腸内環境を改善するためには、まず食生活の改善です。悪玉菌はアルカリ性の環境を好んでその数を増やしていくのですが、肉類のたんぱく質やアミノ酸をエサにして増えて行ってしまいます。

肉を好んで食べる人は腸内がアルカリ性に傾いて悪玉菌が増えやすい環境にあると言えます。腸内環境改善のために肉類を食べる量を減らしたり、ゴボウや海藻類、きのこ類など食物繊維が多い食品を積極的に食べるようにしましょう。

食物繊維は老廃物の量を増やして水分を含ませる働きがあります。老廃物の量が増えると腸を刺激して蠕動運動が起こりやすくなるのでスムーズに排便されることとなり、悪玉菌が生息しにくい環境を作ることができます。便秘を解消して、老廃物がいつまでも腸の中にとどまらないようにするのも効果的な方法です。

また、ストレスも自律神経を乱して腸内環境を乱してしまうと言われています。
趣味やスポーツでストレスの解消も心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘「基本のき」」カテゴリの関連記事