HOME > 便秘解消レポート >

ひつこい便秘は水で解消、水に着眼した便秘解消法、長続きし便秘薬不要

ひつこい便秘は水で解消、水に着眼した便秘解消法、長続きし便秘薬不要

その他での便秘解消体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ頃から悩んでいましたか?便秘になったキッカケを教えてください

便秘は会社入社以来20年近くずっと悩んでいました。
出勤前、ゆっくりとトイレができないまま時間との闘いの中で会社に出て、会社ではストレスの中仕事に追われ、当然ながらトイレに向かえません。
帰宅してもぐったりと、風呂入って寝ておしまい。
明くる朝も同じ繰り返しが始まる。これでは便はお腹の中にたまったままですね。そう、便秘は深刻でした。

便秘で、辛かったことや悩んでいた(いる)体験談を教えてください

便秘ですから、当然、便は硬い、そのため、かなり力まないと出ません。
特に朝の出勤前の限られた時間で少しでも出そうものなら、汗だくで力まなければなりません。へとへとです。
そのうち、この力みが強すぎて、切れぢになってしまいました。力まないと便が出ない、でも少しでも力むと出血してしまう、制限時間が迫り便秘が繰り越される。この悪循環が始まってしまいました。
外科に行って切れぢのための飲み薬(水酸化マグネシウム)をもらい、毎日服用しました。この薬は体には無害であり、便を柔らかくする効果があるとの医者の説明がありました。とにかう毎日服用することにしました。
でも、すでに腸の終点近くにある硬い便には届くはずもありませんし、継続して服用しても切れぢに影響がなくなるほどは便は柔らかくなりませんでした。ですから、医者にいただいた飲み薬を飲みきった時点で、服用を中止してしまいました。
以降は、元のとおり、便秘と切れぢとの戦いの日々に明け暮れていました。
それから巷で良いと定評のある、野菜の繊維分、ヨーグルトは積極的に摂取しました。ヨーグルトにおいては少し高いのですが、腸まで届くタイプも試しました。そして下腹部のマッサージもやってみました。
でも、残念ながらどれもこれも目立った効果は得られませんでした。

効果があった便秘解消方法を教えてください

そんな中、硬い便でも水に溶けるはずだ、ということをふと思いつき、水で便を柔らかくする戦術を実践するようになりました。
うちのトイレはウォッシュレットなのですが、最初に、水勢を最強にした噴射水を入口肛門から直腸に入れる、つまり水の浣腸を思い立ち、実行しました。すると先端の硬い便がほろほろと崩れ、水とともに排出しやすくなりました。また、切れぢが痛む、ということも緩和されました。
次に、トイレ10分以上前にコップ1杯以上の水を飲んで、便の最後尾付近を柔らかくしました。具体的には寝起きすぐに水を飲む、という習慣です。これらにより、腸の活動を促進させることができ、結果としては、便秘を解消することができ、なおかつ切れぢの症状も良化しました。
すなわち、前方、後方の両方とも水で便を挟み撃ちにして、溶けやすく崩れやすくしたのです。
便秘に悩む方にアドバイスを教えてください
私が実行している方法は、朝起きてすぐの水分摂取、トイレでの噴射水、どちらも日常でできるルーチンとして継続しやすいものであり、実際に継続できています。
便秘になったから特別に薬を飲むのではなく、日々のルーチンで便秘になりにくい習慣を身に着ける、ということが突発にせよ便秘にならないコツだと考えています。
最後に、便秘に悩むって、昨今の悲しいガンで芸能人死亡のニュースなんかにくらべたら、とるに足らない軽微な悩みです。気を楽に持って、今日でなければ明日でればいいや、くらいのおおらかな気持ちで便秘に向き合うことが大事だと思います。
くよくよせず、一喜一憂せず、かといって便秘を完全に無視するわけでもなく、向き合った良い関係でいられることが大事だと思います。 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加