HOME > すべての記事 > 便秘に関する豆知識 >

便秘と腰痛の関係とは?【原因と解消法をご紹介します】

便秘と腰痛の関係とは?【原因と解消法をご紹介します】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘が続きだすと必ず腰が痛み出すという症状を経験された方は少なくないのではないでしょうか。便秘と腰痛にはどんな関係があるのでしょうか。
腰痛と便秘の関係性について調べその原因と改善法について考えましょう。

なぜ便秘が腰痛を引き起こすのか。

腰が痛くなる原因としては毎日の疲れや悪い姿勢が続いた場合など様々な日常生活での負担が積み重なる時腰痛になります。それに加えて便秘になると決まって腰が痛くなるという症状が出ます。

それは腸が膨張し、その膨張による血行不良が要因となり腰痛を引き起こすというメカニズムです。腸が膨らむことで血管や神経を圧迫するようになり、腰への負担を大きくしてしまいます。

さらに腸の中に便が長く留まると血液まで影響が及びます
血液がドロドロになってしまうと体に十分な栄養分を運ぶことが遅くなるので、結果腰やその他の体の部位に負担をかけることになるのです。

腰痛と便秘の原因は何か。

ceb1c1ca331c1cf281ef6c30d3a587d5_s
私たちの日常の生活の中に多くの場合、問題の発端が眠っています。
以下の質問に自分が回答するか考えてみてください。

  • 立ち仕事やデスクワークなどの同じ姿勢が長時間続く仕事をしていますか。
  • 一日の中でも長時間前かがみの姿勢続く仕事をしていたり、姿勢が猫背とよく他の人から言われる方ですか。
  • 一日のうち常にお腹の中に食べ物がありますか。
  • 睡眠不足が続いていますか。
  • ストレスがたまっていますか。

これらの質問のうち一つでも当てはまると症状が現れるようになります。

問題を改善するためにできる三つの事柄

まず始めに食物繊維を意識して摂るようにしましょう。
ゴボウやサツマイモなどの根菜類、緑黄色野菜にたくさん含まれている水溶性の食物繊維は便の水分を増やしてくれますので健康的な便を出す上で効果的であると言えます。

さらに食物繊維は血液中のコレステロール値を下げてくれますので腰に対しても効果が期待することができます

次に行うことができる点は適度な運動です。
とりわけ定期的な運動が効果を発揮します。運動により腹筋が鍛えられるので結果、腸の働きを高められ健康的な便を排出することができるのです。

三つ目の点として水分を摂取するタイミングを意識することです。
多くの方がたくさんの水分を摂取すれば症状が改善されると考えておられますのが、とりわけ食事の際に意識的に水分を摂取するようにしましょう。飲んだ水分がすべて便に影響を与えるわけではありませんが、快便を助ける上で水分は欠かせません。食事の際には水分を意識的に摂取するように心がけましょう。

以上の事柄を思いに留めるなら症状は改善されていくに違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に関する豆知識」カテゴリの関連記事