HOME > すべての記事 > 便秘に関する豆知識 >

大腸ポリープと便秘の関係【原因や解消法についてご紹介】

大腸ポリープと便秘の関係【原因や解消法についてご紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなかすんなりお通じが出ない。いつも便秘気味でお腹が張って苦しい。という便秘の症状で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
便秘は、お通じがあるときにトイレに行けなかったり、トイレを我慢したり、緊張やストレス、食生活や不規則な生活習慣などによっても起きます。

便秘はいつものことだから、下剤を飲めば出るようになるからといって、そのまま放置していませんか?たんなる便秘だと思っていたら、便秘になる原因が病気である場合もあるのです。では、便秘になるのは大腸でどのようなことが起きているのでしょうか?

大腸にポリープがあると便秘になるって本当?

単なる便秘だと思っていたら、実は大腸にポリープが見つかったというケースがあり、便秘とは深い関係があるのです。

ポリープとは、大腸の壁にこぶのような異物ができることを言います。
これは、良性のものと悪性のものがありますが、ほとんどは良性のものです。
しかし、良性のものでも腸内環境が悪くなれば、悪性へと変化する可能性があるのです。

便秘になると腸内に便が長くとどまることになり、便からは発がん性物質や有害物質がでるため、大腸がんになる確率が高まるのです。

ポリープができる原因とは?

28dde85eaefbe7816b64321da95cbcee_s
ポリープができると腸内環境は悪くなるため、便秘しやすくなります。
便秘になるとさらにできやすくなったり、悪化することになるため、悪循環を引き起こします。便秘を解消しなければ、ポリープと便秘の関係は切り離すことができないのです。

ポリープができるのは、食事が欧米化していることが原因とも言われています。
欧米化の食事は、肉や油ものが中心になるため、食物繊維が不足することで便秘になりやすくなるのです。

便秘の解消には食生活の見直しが必要

ポリープができるのを防ぐためには、便秘を解消する必要があります。
便秘の解消には、できるだけ下剤に頼らないようにすることも大切です。
便秘がひどいからと言って、毎回下剤を飲んでいると、下剤なしでは便がでなくなってしまい、下剤に依存してしまう恐れがあります。便秘にならないために、日頃の食生活や生活習慣の見直しをすることも大切です。

食生活は、できるだけお肉や脂ものをさけて、野菜中心の食事を心がけるのがよいでしょう。食物繊維をたくさん摂る事で、お通じが出やすくなり便秘を予防する事ができます。

また、水分が少ないと便秘がちになるため、水分をしっかり摂る事も大切です。
そして、万が一病気になった場合でも、早期発見をすることが大切ですので、定期的に健診を受けたほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に関する豆知識」カテゴリの関連記事