HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

【便秘解消法】さつまいもでお通じが良くなるって言うけど本当?

【便秘解消法】さつまいもでお通じが良くなるって言うけど本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康志向の高まりによって体質改善の重要性が再認識されていますが、体質改善をするうえで避けて通れないのが便秘です。便秘は1日に1回から3回出ることが正常の排便が、個人差はありますが3日から1週間以上たっても排出されない状態です。

その状態を改善するためには、運動と食事を改善することが重要になります。
その食事の面でぜひ取り入れると良いとされているのが、鹿児島県名産のさつまいもです。

さつまいもでお通じが良くなる

古来からさつまいもでお通じが良くなると言いますが、便秘解消にこれほど見合った食品は無いと言えます。

サツマイモはイモ類なので、イモ類には豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は糖質の一種ではありますが、この糖質は大腸の消化酵素では吸収できない性質を持っているのと消化酵素に触れるとその名の通りに繊維になります。

便秘の原因の一つは、大腸の中にいる便が堅くなるもしくは悪玉菌によって水分を多く含んだ便になると大腸の曲がっている部分と大腸の表面にこびりついて排出が難しくなります。そこでさつまいもの食物繊維を取ることによって、大腸の曲がった部分や表面にこびりついた便をひとまとめにすることで外に排出しやすい形にすることでお通じが良くなるのです。

それ以外にもイモ類なのでオリゴ糖などを含んでいる炭水化物に分類されることもあり、炭水化物は吸収される糖質となり細胞の栄養源となったり、土に植えている穀物に共通するように豊富なミネラル分が細胞の代謝を促進することもお通じをよくします。

さつまいもでお通じが良くなるの確かだが注意がいる

さつまいもでお通じが良くなるのは事実ではありますが、ただ事実だからといって食べすぎては意味がないです。それはお通じが良くなる力となる食物繊維の効果が強く出し過ぎると逆効果になるためです。

先に言ったとおりに食物繊維は大腸の酵素では溶けず、大腸の酵素によって繊維質に変わることで便をからめ捕り排出を促します。

ただし大腸の酵素で溶けないということは大腸のぜん動運動が落ちていると、繊維を大量にとるようなことをすると大腸が動いていないので逆に繊維が大腸の中に残ってしまい便秘の原因になってしまいます。

食物繊維をより効率よくはっきさせるためには

食物繊維の取り過ぎは逆に便秘の原因になってしまいますが、それを防ぐためには大腸の動きを改善してあげることが大事です。

そのためにはさつまいもだけでなく、例えばスムージーのように大腸の動きを良くする果物の糖質や牛乳に含まれている乳糖を加えてあげると食物繊維のデメリットを感じさせずさつまいもの良い部分を発揮させることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事