HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

便秘にならないために今日からできること。ダイエットや美肌効果も!

便秘にならないために今日からできること。ダイエットや美肌効果も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の女性の約6割が、便秘に悩んでいると言われています。
薬やサプリメントに頼っている方も多いかもしれませんが、それでは根本原因の解消にはなりません。
便秘にならないために、便秘の解消のためにはどうしたらよいか、考えてみましょう。

腸内の悪玉菌が増えると、便秘になります

私たちの体の中には、常在菌と呼ばれるたくさんの細菌が住み付いています。
その中で種類も数も最も多いのが、腸に住み付いている腸内細菌です。

腸内細菌には、大きく分けて善玉菌と悪玉菌、日和菌の3種類の菌があります。
日和見菌は中間菌とも呼ばれることもあり、日々の体の状態によって、善玉菌または悪玉菌のどちらかの味方になる細菌です。

腸内細菌の理想のバランスは、善玉菌が20%、悪玉菌は10%、日和見菌は70%と言われています。
けれど、動物性脂肪や動物性たんばく質が多い食事、ジャンクフード中心の偏った食生活、加工食品や添加物の多い食事、さらにはストレス、睡眠不足、加齢などによって、悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増えると腸内を腐敗させるので、老廃物が溜まってしまいます。
そのため便秘になってしまうのです。
また、老廃物がすっきり排出されないために、ダイエットをしても痩せにい体になってしまいます。

他にも、免疫力を弱めたり、発がん性物質などの有害物質を作り出したりします。
最近の研究では、アレルギーを引き起こす原因になるとも言われています。
悪玉菌は便秘だけでなく、体にさまざまな悪影響を与える腸内細菌なのです。

便秘解消のために、悪玉菌を減らしましょう

善玉菌

便秘にならないためには、悪玉菌を減らすことが大切です。
悪玉菌を減らすには、まずは食生活を見直してみましょう。

脂の多い食事をお腹いっぱいに食べていませんか。
もちろんたんぱく質も必要ですが、野菜や適量の炭水化物も必要です。
腹8分目で、胃腸に負担がない量を食べるようにしましょう。

腸内環境のためには、お菓子や加工食品もできるだけ控えましょう。
バランスの良い食事を適量食べることは、正しいダイエットにもなります。

善玉菌を増やして、腸内環境を整えましょう

便秘にならないためには、善玉菌を増やすことも大切です。
発酵食品には乳酸菌を始めとして、善玉菌となる菌がたくさん含まれています。
ヨーグルト、チーズ、納豆、みそ、ぬか漬けなどを、毎日の食事に加えましょう。

同時に食物繊維もしっかり摂れば、老廃物の排出がスムーズになるので、ダイエット効果や美肌効果にもつながります。
腸内環境を整えて、便秘だけでなく健康な体を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事