HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

気軽に日常に取り入れられる便秘対策とは

気軽に日常に取り入れられる便秘対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘対策をするなら、手軽に続けられる方法でないといけません。
継続できない方法は三日坊主になりかねないので、簡単な対策を選んで続けることが大切なのです。
食習慣を変える方法は、いつもの食事をちょっと工夫するだけで対策することができます。

食物繊維が不足すると危険

便秘になってしまう方は、食生活において好き嫌いが激しいことが多いのです。
野菜が嫌いで肉ばかり食べている、豆類や穀類といった繊維質の多い食べ物をあまり食べない、といった方は注意しましょう。

食物繊維は便の質量を増やして、排便しやすい状態にしてくれます。繊維質を摂らない方ほど、うさぎのようなコロコロした便になってしまうのです。

繊維質が多く含まれるのは、大豆を筆頭とする豆類、シリアル食品、野菜などです。これらの食品を多く摂ると、体内に宿便を溜めることなく排出できます。体内に有害物質が溜まらないので、肌トラブル、肥満などが起こりにくくなります。

有害物質は新陳代謝を悪化させ、脂肪が付着しやすい身体にしてしまうのです。たかが便秘と甘く考えていると、様々な生活習慣病を招くことになります。

油分と水は不足しないように

水を飲む女性-3

便秘対策で盲点になりやすいのが、油分と水分の不足なのです。ダイエットしている方は油分を制限することが多いでしょう。
むくみが気になる方は、水を制限するかもしれません。

しかし、人間の身体にとって油分と水は欠かせないものです。脂肪は三大栄養素の一つですし、水は人間の身体を構成する主成分です。
人間の身体は60%が水で構成されているという現実があります。油分と水は必要量はしっかりと摂るようにしましょう。

過剰摂取が悪いのであり、適量未満にまで摂取量を制限する必要はありません。

腸内環境をよくしてくれる食品を

腸内環境のバランスが崩れていると、便秘が起こりやすくなります。善玉菌を増やして腸を元気にするためには、善玉菌を含有するヨーグルトがおすすめです。糖類の中ではオリゴ糖が最適なので、コーヒーや料理に入れる甘味料として使用するといいでしょう。

腸の蠕動運動が鈍くなると、排便機能も低下してしまうのです。体内に宿便を蓄積させて、毒素を溜め込むことにもなります。
体内毒素を排出するデトックスケアにもヨーグルトが使用されますが、これは腸を元気にして毒素排出を促進するからです。

腸が元気になれば、人間の身体は全身が若返る仕組みになっています。
アンチエイジングのためにも、善玉菌を増やしてくれる食品で便秘を解消しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事