HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

健康的に便秘を治したい人におすすめの青汁の効果と副作用

健康的に便秘を治したい人におすすめの青汁の効果と副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食物繊維が豊富に含まれる青汁は健康食品の代表格です。
薬に頼らず健康的に便秘を改善させたい人に人気があります。
便秘解消効果と副作用があることも知られています。

 

食物繊維の副作用

具体的な副作用として以下のようなものがあります。
早く効果を実感したいがために過剰に飲んでしまうと副作用が出ることがあります。
青汁成分にアレルギーをもつ人が飲んだときにも副作用が出ます。
おなかがゆるくなる人がいます。
腸で急速に食物繊維が吸収される為におこります。
青汁は液体なので吸収率が良いのです。

逆に便秘になる人もいます。
食物繊維が腸内に停滞してしまうことが原因です。
いずれも摂取量を調整する必要があります。飲む量を減らすことです。1日にコップ1杯から3杯が目安です。
種類によっても摂取量は変わってきます。購入元の説明書きもよくチェックしましょう。

1度にたくさん摂らず、朝・晩など時間をあけて少しずつ身体に取り入れる方法もあります。
アレルギー体質の人は、服用後に異常を感じたら服用をやめるようにしましょう。
発疹・腹痛・嘔吐などの症状がある場合は医療機関に相談します。

青汁を飲んではいけない人もいます。

309248

 

血液の凝固を防ぐ薬を服用している方は摂取することは出来ません。
血液凝固を促進させる働きのビタミンKがたくさん含まれているので、薬の効果が薄れてしまいます。
心臓病や脳梗塞に出されるワーファリン、ヘパリン等の薬です。
腎臓病でカリウムの制限をしいる方も避けましょう。カリウムが豊富に含まれています。
かかりつけの医師の意見を伺いましょう。

青汁は体に良いものですが、過剰摂取をするのは逆効果です。
もし副作用が出たら「飲む量を減らす」ことを心がけましょう。
医薬品と違い、飲んだその日に便秘がなくなるという即効性はありません。
毎日適量を摂取し続けることが大切です。

青汁をおいしく取り入れよう

他の食品と合わせることで過剰摂取を避けて健康な毎日を過ごせます。
例えば、青汁を使ったオリジナルデザートを作ることで楽しみながら健康的に便秘解消をすることができます。
ヨーグルトと相性がよく美味しく頂けます。抹茶風味と感じる人が多く、青臭さが苦手な人や子供に飲ませたいときにおすすめです。ヨーグルトにも整腸作用があるので便秘解消に期待できます。乳酸菌と青汁を同時に摂ることは理想的です。
さらに便秘解消に有効とされるグルコン酸が含まれているハチミツをプラスするのも良いことです。

青汁・ヨーグルト・ハチミツの相乗効果は便秘解消に加え、エイジングケアと肌荒れ対策にも高い効果を発揮します。
他にも、きなこと黒蜜を混ぜて美味しい和風スイーツに。低カロリーで善玉菌の餌となるオリゴ糖を加えて。
フルーツジュースと混ぜても甘くなり飲みやすいです。
バナナ・リンゴ・キウイフルーツ・パイナップル・みかん等、相性がよく便秘解消に効くフルーツがたくさんあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事