HOME > すべての記事 > おすすめ便秘解消法 >

便秘を解消してキレイに!【快便ダイエットで気をつけたいこと】

便秘を解消してキレイに!【快便ダイエットで気をつけたいこと】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お通じを良くしてポッコリしたお腹をスッキリさせたい」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな人はお通じ改善する「快便ダイエット」がお勧めです。

しかし、快便ダイエットを行う上で気を付けることもいくつかありますので、それを知った上で快便ダイエットを行いましょう。

快便ダイエットの食生活で気を付けること

快便を目指して「朝はヨーグルトと沢山のサラダを毎日食べるようにしている」というような食生活を行っている人もいるかもしれません。しかし、「ヨーグルトと野菜のみ」というような食事は、実はとてもアンバランスな食事内容のため、快便を目指したい人にはあまりお勧め出来ません。

生野菜はかなり大量に取らないと便のかさは増えません。
そのため、お通じを良くして便秘を改善したいのであれば「炭水化物」をきちんと取る必要があります。

炭水化物は食物繊維を含んでいるため、便の量を増やす事が出来ます
朝は、おにぎり、または食物繊維が豊富な小麦ふすまパンなどの炭水化物をきちんと取ることがお通じを改善する第一歩であると言えます。忙しい人はブランフレークとヨーグルトの組み合わせもお勧めです。

デスクワークで座りっ放しの人は注意

b702cbb1b3db3453bad2dbf3b11ec005_s
デスクワークは同じ距離で視点を合わせる状態が長く続くため、目が疲労しピントが合わなくなりぼやけてきます。それをカバーするために、無意識のうちに姿勢も悪くなって来ます。姿勢が悪くなると徐々に前かがみになってきます。
前かがみの姿勢なることで腸が垂れ下がって押しつぶされてしまい、便をスムーズに排出する動きが止まってしまう可能性が多くなるので、座りっ放しにならないようにしましょう。

一時間に一回は席を立って、軽く歩いたり、腸の運動をしたり、お手洗いに行くなどして動くように心がけ、なるべく腸に刺激を与えるのがお勧めです。
長時間座りっ放しは腸に良い影響を与えませんので、快便ダイエットでお通じを良くしたい人はデスクワークで座りっ放しにならないように気を付けましょう。

目覚めの1杯の水が便秘解消にならないことも

目覚めの1杯の水が便秘解消になる」と聞いたことがある人もいるかもしれません。
この方法は腸に刺激を与えるので、お通じがスムーズになるという人もいるかもしれません。しかし、女性の場合は逆に腸が冷えてしまい動きが鈍ることがあります

胃腸が弱い人や冷えてしまうことで逆に腸の動きが鈍ってしまう人は、味噌汁などの温かいものを取るようにするのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「おすすめ便秘解消法」カテゴリの関連記事