HOME > すべての記事 > 便秘「基本のき」 >

便秘の種類~症状別に原因と対処方法を知って嫌な便秘を早く解消

便秘の種類~症状別に原因と対処方法を知って嫌な便秘を早く解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘はとても辛いものであり、この便秘によって、日常生活がとても辛いものになってしまう人は、決して少なくありません。

とても辛いものであると同時に、多くの人が悩まされているもの、それが便秘です。

便秘の種類にはどのようなものがあるのか?

基本的に便秘の種類には、よく多くの人がなるものとして、「野菜不足」からくる食物繊維が足りない場合の便秘です。

この場合には、食物繊維が足りていないだけであるため、健康な体の人であれば、野菜などを多く食べることによって、早い人であれば、食事の後に、すぐにお腹がごろごろと言い出し、そのため、とても大量の便が出ることがあります。

一方で、別の便秘の種類として、これが怖いものであるのですが、お腹の中に、つまり腸内に「ポリープ」などが出来てしまっているケースでは、症状が異なってきます。

便秘もこのような場合には、伴っているのですが、それだけではなく、かなり激しい痛みと、汗、そして大量の汗と同時に、気絶しそうなくらいの痛みを伴い、倒れてしまうこともあります。そのため、会社で突然、意識障害に近い症状が出てしまった、という方もおられます。

このようなポリープが原因の便秘の場合には、手術などが必要になってきてしまいます。

便秘を起こしてしまった時の対処方法とは?

便秘を起こしてしまった時には、対処法として、まずは乳酸菌などの良い菌、お腹に良い菌などを腸内に取り入れることです。

つまり、善玉菌をお腹に増加させ、悪玉菌をやっつける、このような方法でパンパンに膨れ上がってしまったお腹を良くすることが出来ます。便が排出されるため・善玉菌を増やすため、ヨーグルトなどは効果的であるとされています。

また、翌日に予定などがないケースでは、ニンニクなどの臭みのある食べ物でも、便秘改善が可能です。

症状別に、違う対処の方法があるのか?

便秘には症状別に対処の仕方が異なってきます。例えばよく、便秘になってしまう人の別パターンとしては、実はストレスでも、便秘になるのです。

この場合には、野菜などを食べたり、一生懸命に乳酸菌などをお腹に入れても、基本的に自律神経のバランスがおかしくなっており、腸が働かない、このような状況に体がなってしまっていますので、どちらかというと、自律神経のバランスを良くするために、足裏マッサージなどのツボ押しなどの方が効果的であるとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘「基本のき」」カテゴリの関連記事