HOME > すべての記事 > 便秘「基本のき」 >

便秘で腹痛、吐き気、冷や汗まで~こんな症状は迷わず病院へ!

便秘で腹痛、吐き気、冷や汗まで~こんな症状は迷わず病院へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べたものは一定の時間をかけて消化され毎日排泄されるのが理想の状態なのですが、毎日はおろか3日以上排便がないのが普通になってしまっている人は驚くほど多いといわれています。
また、毎日排便はあるけれど、ほんの少ししか出なくて常にすっきりしないという人も便秘です。

ただ便が出ないだけなのだから別に病気な訳ではない、こんな認識のまま便秘を放置すると重症化してとんでもない事態を引き起こすことが懸念されます。

たかが便秘と侮ってはいけない

ただ毎日ウンチが出ないだけだなんて認識は大きな誤りです。
便秘はウンチが中々出せずに辛いけれど、それ程大きな問題ではないし、出ないなら下剤などを使って出せばいいと考えがちですが、下剤などを常用すると、薬を使わないと自然に排泄できなくなってしまうことも考えられるので、薬に過度に頼ってしまうのはとても危険です。

しかも現在便秘の症状に悩んでいるのは大人の女性ばかりでなく男性や高齢者、そして子供が便秘になることもけして珍しくない状況になっています。

そしてその原因として考えられることも現在はより複雑になっており、生活習慣や食事内容を見直すことは勿論重要ですが、日頃のストレスなども排便のサイクルを乱す原因になるといわれています。

こんな症状が出たら迷わず病院へ

倒れる

排便がどれくらいの頻度であるのか、排便の回数は人によってある程度異なるのですが、一般的には3日以上排便がない状況や、毎日排便があっても腸に便が残っている感じがある状態を便秘と呼びます。

そして症状が重症化すると最悪の場合命を落とす危険性もあるとても怖い症状だという意識を持つことが大切です。
便秘が慢性化して重症になると中毒を起こして死に至ることもあるといわれています。

腸内に大量にたまった便によって腸閉塞を起こして死亡したり、便秘を改善しようと薬に頼りすぎて大量に飲んだことでショック状態になって死亡するというケースも実際にあったこととして知られています。

便秘が重症化して、激しい腹痛や吐き気などの症状で冷や汗を伴うような辛い症状であれば迷わず病院を受診することが必要です。

便秘によって起こること

便秘状態が続くと腸内に長時間便がとどまることによって腸内で腐敗が進み毒素を発生させて、それらが腸壁から体内へと吸収されることで肌荒れなどの症状を引き起こします。
さらに便が発酵することでガスが発生し大腸が極度に刺激されると強い腹痛を起こし、同時に冷や汗を伴う吐き気に襲われるケースもあります。

長期間にわたって便秘が原因の冷や汗の出るような吐き気や腹痛を感じる場合、放置すると大きな病気の引き金になる可能性も十分あるので、安易に市販の下剤などを飲んで体に更なる負担をかけるのではなく、専門の医療機関を受診して適切な治療を受けることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘「基本のき」」カテゴリの関連記事