HOME > すべての記事 > 便秘に関する豆知識 >

便秘では無く直腸ガンかも?!症状を見分けるコツを教えます!

便秘では無く直腸ガンかも?!症状を見分けるコツを教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食生活だけでなく生活習慣事態に乱れが生じると体には様々な悪影響を与えることになりますが、その代表と言えるのが便秘だと言えます。

便秘とは通常1日に1回から3回出ることが通常の排便が出ない状態で、その原因は食生活であれば野菜を摂らないことによる食物繊維の摂取量不足そして生活習慣であれば腹筋の力が衰えることでの排泄力の低下が挙げられます。

しかしただの便秘なら改善する方法があるのですが、便秘の種類には看過できない重病が隠されていることもあるので注意が要ります。

注意がいる便秘とは

便秘とは通常1日に1回から3回出ることが通常の排便が出ない状態なのですが、しかし全く出ないことが便秘というわけではなく出るときには少ない量でも出るときはあります。
ただ出た時の状態が問題なのです。

その少ない量で出るときに小さな粒ぐらいで出るだけなら良いのですが、そこに血が混じる血便が出た場合です。血便が出るのは大腸内部の皮膚組織に亀裂が入りそこから出血した血が付着することによって起きるもので、一般的にその症状を切れ痔と言います。

ただの切れ痔であれば傷がふさがるのを自己修復能力で待ちながら患部を清潔にし、痛い場合には軟膏や座薬で抑えることで個人差と症状の重さによって違いはありますが2週間程度で治ります。

しかし2週間以上たちそれでも痛みが引かず血の量が多くなったときには、切れ痔ではなくさらに重い病気が潜んでいる場合がありそれが直腸癌です。

直腸癌と発見が遅れる理由

476460

直腸は食べた物を水分と栄養を吸収する役目を持つ大腸と大腸で吸収し残骸となった物を排泄する肛門との間にある管の名称です。
その直腸はあえて排泄する前に曲げることによって一定量便を溜めることで直腸内の神経を刺激し、その刺激が脳に伝わると便が溜まっていることを人間に知らせることで排泄をさせるという役割を担っています。

しかし直腸癌になると腫れあがった組織が気道をふさいでしまい便が排出されず、それでも排泄すると腫れあがった部分の血管が破れて出血して血便になり激痛が走る症状が出ます。近年直腸がんの発症リスクが増えているのですが、その発見される件数というのは少ないのです。

それは直腸癌の症状が先に言った切れ痔の症状に酷似しているため、単純な切れ痔と判断し検査を受けないことが挙げられます。

直腸癌が進行する前に発見を

直腸癌のリスクは切れ痔だと考えて放置しそのまま強引に排便すると、その排便によって傷つけられた部分が癌化し広がることで完治率を落とすことです。
そのためすべてがそうではないにしても2週間以上便秘かつ便に血が混じる状態であれば、しっかりと肛門検査を受けて状態を判断することが良いです。

癌は発見が速いほど完治率が高く、その後の生活に支障をきたすことが無くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に関する豆知識」カテゴリの関連記事