HOME > すべての記事 > 便秘に関する豆知識 >

むくみ腸!?便秘で太ってしまう原因とは

むくみ腸!?便秘で太ってしまう原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘とは百害あって一利なし、健康にも美容にも決して良い影響を与えません。
便秘で太るのは何故でしょう。医学的な観点から考察して貴方の健康のお役に立ちます。

便秘で太る

一体どういう事でしょう。答えは簡単、新陳代謝が悪いので便秘になり、体内の不純物や毒素が排出されない為、体内の美を維持出来なくなり、結果的に血液や各臓器にまで毒素を回し、皮膚や肌のくすみやむくみに繋がり、体重増加に繋がってしまうのです。

自覚している便秘だけならいざ知らず、毎日お通じがある人でも、実は腸壁にこびりついた便が溜まっている可能性も否定できません。
毎日お通じがあるのに、何かお腹が貼る、スッキリ感がないという人は隠れ便秘の可能性があります。

不要物を貯め込んだ腸はむくんでいる状態で、放って置くと元に戻るのに莫大な時間を必要とするケースもあります。
お腹周りだけ張った感じがある、体重が増えた、原因は便秘にあるかも知れません。

解消方法

マラソン

便秘で太る人に朗報、素人でも自分で解決する事が出来るのも便秘で太る人の特徴です。
腸内環境を整えて、快便を促せば良いのです。とは言っても、一筋縄では行きません。

まず適度な運動を行い、外部から腸へ働きかけます。
毎日30分の汗ばむ程度のウォーキングが理想的ですが、仕事の都合などで難しい人は、お風呂上りにストレッチをするのも非常に効果的です。
腸は内部からと外部からの刺激に反応します。外部から運動やストレッチ、腸の周辺を右回りに擦るマッサージ等で強制的に動くように仕向け、内部から規則正しい食生活で絶対的なパンチを浴びせます。

双方からの働きかけが効かない場合は速やかに専門医に相談する事をお勧めします。
基本的に大きな病を抱えていない限り、これだけの事を実行して効果のない腸はありません。

脳の働きも関係するので、リラックスする時間を作る事もお忘れなく。常に仕事や対人関係の悩みを抱えていては、腸も緊張状態にあり動きが鈍くなります。全身リラックスする事も重要なポイントです。

続ける事の大切さ

一時的にお通じが合っても、継続しなければ意味がありません。
毎日お通じが無いからと言って、神経質になる必要はありません。2~3日に1度でも、腸内が綺麗になるお通じがあれば良いのです。

水分を摂取して、身体を冷やさない事、基本的な生活リズムを継続する事が便秘解消を長く続ける秘策です。
下剤に頼り過ぎると、腸本来の働きが鈍くなるので、出来れば自然のお通じが来る努力をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に関する豆知識」カテゴリの関連記事