HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

便秘に納豆が効果的?【成分や効果的な摂取方法をご紹介】

便秘に納豆が効果的?【成分や効果的な摂取方法をご紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘になった時食べるものとしてはバナナやヨーグルト、リンゴなどがありますね。
食物繊維が大事ですが、実は納豆も便秘に効くとされているのです。

どうして納豆が便秘に良いのか、どんな食べ方をしたらさらに効果があるのか気になるところですね。

納豆の成分に関係があった

納豆は大豆を発酵させたもので、独特のニオイがしますね。そのため苦手と感じる方もいるかもしれません。成分には食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌、リノール酸が多く含まれており、便秘解消にとても最適な食べ物なのです。

食物繊維はリンゴ1個分が1パックに含まれていて、リノール酸は大腸の中の悪玉菌を抑え腸内環境を整えてくれます。また、大豆類に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似ているので、ホルモンバランスを整え正常に働くようにする効果があります。
ホルモンバランスを整えることによって、便秘の原因ともなるストレスも解消されますね。

納豆はいつ食べたらいいか?

2902788f01ec0d3d003ed45e3f481c55_s
納豆にも食べ方があります。旅館やホテルでは朝食に添えられることがありますが、便秘の方の場合は夜食べると効果があります

食べ物は半日かけて消化されていきます。
夜食べた場合は寝ている間に消化されるので、効率よく食物繊維やリノール酸、オリゴ糖が大腸に届くことができます。腸にとって良い成分がきちんと入ってくるので、腸も動きやすくなり、翌朝体外に排出されます。
お腹が張って苦しい、何日も出ないときはぜひ、夜食べてみましょう。

食べる量としては週に3回以上がオススメ。週3回だと、まんべんなく食物繊維がとれますね。なお、100回以上かき混ぜるとさらに効果があります。独特のネバネバには大腸の消化と吸収を促進するムチンが含まれているので、よりお腹の調子を整えてくれますよ!

いろいろな食べ方を試してみよう

毎日ご飯の上にかけて食べると飽きてしまうことがありますね。
こういった時はいろいろな食べ方を試してみましょう。

納豆を細かく刻んでお味噌汁に入れたり、スパゲッティとあえたりしても良いですね。
ほうれん草などのおひたしに混ぜてもおいしいです。
特にお味噌汁の中に入れて食べると他の野菜も入れるためさらに食物繊維をとることができますし、身体も温まるのでより効果が実感できます。

気持ちよく毎日出すには運動も大事ですが、食べ物も大事です。納豆にはお腹の調子を整えるだけでなく、免疫力もアップする効果があるので意識して食べると良いですね。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事