HOME > すべての記事 > 便秘に良い食べ物・飲み物 >

ビフィズス菌が便秘に効く理由。腸内のビフィズス菌を増やす食生活

ビフィズス菌が便秘に効く理由。腸内のビフィズス菌を増やす食生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘の状態を放置しておくのは健康上も美容上もよくありません。
便秘にはビフィズス菌が効きます。
効果があるのには理由があり、食生活により腸内のビフィズス菌を増やすことができます。

便秘への効果

ビフィズス菌には食物繊維を一緒に摂ることにより便を柔らかくしてくれる働きや、腸を刺激してぜん動運動を促してくれる働きが期待できます。
腸内で働いてくれることにより、排便をスムーズにしたり、促してくれる効果が期待できるため、結果として便秘に効果的です。

ビフィズス菌と乳酸菌

バナナヨーグルト

乳酸菌とビフィズス菌は別のものです。
乳酸菌そのものには腸内環境を整える働きは期待できず、整腸作用など腸内環境を整えたり、排便を促したりするのはビフィズス菌の方です。

乳酸菌はサポート役を期待することはできますが、乳酸菌のみでは腸内環境を整えるという効果は薄いです。

腸内のビフィズス菌を増やす食生活

しっかり増やしたり、しっかり働かせるためには、食生活が大切です。
効果をより高めるために意識したほうがいくつかありますので覚えておくとよいです。

食事から摂取したものは、いずれ排出されます。
一定期間は腸内に留まって働いてくれますが、数日から数ヶ月など、ある程度の期間が過ぎてしまうと排出されます。
また、滞在期間は常在腸内細菌との相性に左右されます。

そのため、腸内環境を整えることはもちろん、毎日摂取するということが大切です。
相性がありますので、自分と相性の良いものを見つけたら、それを継続して摂るようにしましょう。

購入してから日数が経つと、たとえ賞味期限内であっても数が減ってしまうことが考えられます。
なるべく新しいうちのほうが菌も元気ですから、なるべく早く食べるようにしましょう。

また酸に弱いという性質がありますので、食後に食べたほうが効果的です。
胃酸などの影響がありますので、食後のほうが多くの菌を必要な場所に届けることができます。

餌となって働きを助けてくれるオリゴ糖と一緒に摂ると、より効果的です。
オリゴ糖そのものをかけて食べるという方法もありますが、オリゴ糖を多く含む食品を一緒に食べるというのもおすすめです。

オリゴ糖は、バナナや大豆、ゴボウ、アスパラガス、タマネギといったものに多く含まれています。
バナナはヨーグルトなどと合わせやすいですから、上手に活用するとよいです。

オリゴ糖を多く含む食品は普段から意識して食べておくと、腸内にいるビフィズス菌の働きがよくなります。
メニューに上手に取り入れて積極的に摂りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘に良い食べ物・飲み物」カテゴリの関連記事