HOME > すべての記事 > 便秘薬の選び方や使い方 >

武田便秘薬の効果と正しい飲み方。下痢や腹痛など副作用がある?

武田便秘薬の効果と正しい飲み方。下痢や腹痛など副作用がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘の解消で有名な武田便秘薬は、飲むだけで効果が得られるので、常備している人も珍しくないでしょう。
しかし、常用すると効果が発揮されにくくなりますから、必要な時にだけ使うことが大切といえます。

用法を無視して飲んだり、僅かな症状の改善でも頼り過ぎると、武田便秘薬の必要量は次第に多くなります。
体が慣れてしまうと、薬の作用は働かなくなるので、必然的に服用量が増加する結果に繋がります。

武田便秘薬には正しい飲み方があります

武田便秘薬は、服用から9時間前後で効果が発揮されるので、お休み前に飲むと翌朝のお通じが改善されます。

また、少し多めに水を飲んでおけば、就寝中に水分が腸内に行き渡るので、武田便秘薬の作用を助けやすくなります。

昼間に飲んでも良かという疑問はありますが、昼に飲むと効果が早く出たり、出過ぎてしまうので注意が必要です。
メーカーが推奨する正しい飲み方は、就寝の8時間から10時間前ですから、お休み前か布団に入る直前に飲むと良いでしょう。

病院で下剤の処方を受けていたり、治療中なら独断で武田便秘薬を服用することは避けて、薬を処方した医者に尋ねることがおすすめです。

使い方次第では下痢等の副作用が発生します

便秘薬

服用量を増やしても、効果が高まる保証はありませんし、むしろ下痢や腹痛といった副作用に繋がる恐れがあります。

これは誤った量を服用したり、昼間に飲んだ場合にも起こり得るので、服用の量とタイミングには注意が不可欠です。
体質に合わない時も、副作用が発生したり強く出る切っ掛けになりますから、何度試しても副作用が出るなら中断することが大切です。

正しく使うことで武田便秘薬の効果は発揮します

武田便秘薬は、漢方によって作用が認められていたり、生薬から作られている安全性があります。
正しい使い方を行えば、大腸に作用して症状の改善を促しますから、安全に作用する条件を守ることが重要です。

薬の錠剤には、分割用の線が入っているので、最初は1錠の半分から服用を始めれば、副作用の心配は大幅に減少します。

状況が改善しなかった時は、1錠に増やして様子をみたり、加減しながら使うことが正しい飲み方になります。
15歳以上が使用する際、症状が軽い時は1錠から3錠、長引いている場合は2錠から最大4錠まで服用が認められています。
大抵の症状は正しい服用量で改善しますから、副作用を発生させない為に、上手く加減して飲むことがコツになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消アイテム一覧

「便秘薬の選び方や使い方」カテゴリの関連記事